在宅ライター歴10年を迎える主婦まち子のブログです

在宅ライターまち子の日記

在宅ライターとお金

在宅ライターは稼げない?週にどのくらい働いて、いくら稼げる?

投稿日:

 

私は、最も多い時で、月18万稼いだことあります。

もちろん、在宅ライターで。

 

この金額が高いか、安いかは、人それぞれです。

ただ、在宅ライターは

 

稼げない

 

というイメージが強いらしいので、一応私レベルでも、これくらいは、稼げるという事を知っておいてください。

ただ、事情があって、現在は、月10万を目安に作業量を調整していますが、在宅ライターは自分方次第で、稼ぎ方も自在です。

 

私の知っている方では、在宅ライターだけで、月30万から100万の収入を得ている方もいるので・・・。

働き方やがんばり次第で、けっこう稼げます。

 

ちなみに、月10万円といえば・・・

週5日、1日6時間ほどのレジ打ちのパートさんと同じくらい?

それを考えると、スゴイと思いませんか?

 

だって、パートの場合、仕事中は家のことなんて、一切できませんよね、当然です。

しかも、化粧して、お弁当もって、時々は、職場の方々との飲み会に参加しなきゃいけないし、色々と大変でしょ!

 

その点、在宅ライターは、自宅での作業なので、作業の合間に掃除、洗濯、夕飯の準備もちゃちゃっと出来ます。

時々、お昼ねだって・・・アリです。

 

その上、化粧も飲み会代も必要ないので、余計な出費もおさえられます。

この差、大きいと思いませんか?

 

では、実際に在宅ライターの稼ぎ方を紹介しますね。

 

【在宅ライターで、目標額を稼ぐには?】

 

■1日のリアル作業時間は?

 

まず、最初に、1日どれくらいの作業時間が確保できるか、考えてください。

ちなみに、私の場合。

 

子供なしで、夫が仕事に出勤したら、夜8時の帰宅まで一人。

その間、掃除、洗濯、夕飯の準備にトータル2時間ほど私用で使う以外、全ての時間を在宅ライターの仕事にあてられます。

 

ただ、正直、長い時間、パソコンに向かう集中力がないのと、作業にとりかかるまで、なんやかんやで1時間はロスするので・・・・

実質、作業できる時間は1日4時間程度です。

 

いや、1日4時間も集中できれば、いいほうかも知れませんね。

ネットニュースを見たり、ティーバーで動画をみたり、Amazonで商品を検索したり・・・

 

また、なにげに目に付いたところの掃除に没頭したり、夕飯のお買い物に時間がかかったりと・・・色々あるので、4時間まるまる仕事することはありません。

なので、1日3時間から4時間作業できれば上出来。

 

と、こんな風に、在宅ライターになったら、自分は、どれくらいの時間が確保できるか考えてください。

 

■1週間の作業日数は?

 

次は、1週間の作業日数を考えてください。

例えば、私

 

土曜日と日曜日は、作業をお休みとさせて頂いています。

 

って、私が勝手に決めたことなのですが、夫が家にいる時は、できる限り作業をしないようにしています、一応、夫孝行ということで。

なので、1週間の作業日数は、月曜から金曜日の5日間。

 

とはいえ、突然、実家の母から呼び出しがあったり、夫に頼まれた用事で、1日中家をあけたりすることもあるので、予定通りにはいきませんが。

まあなんとか

 

1日3時間から4時間の週5日間

 

は、在宅ライターとして働いています。

 

■目標収入から1日の作業量を算出しよう!

 

次は、目標を決めましょう。

あなたは、在宅ライターで月いくら稼ぎたいですか?

 

先にも記載しましたが、自分の頑張り次第で、月20万以上稼ぐ事はなんら難しくはありません。

ただ、それは、あくまでも、経験を重ねてからのお話です。

 

在宅ライターを始めて間もない方は、月1万円稼ぐにもやっとです。

ぶっちゃけ、私も在宅ライターを始めたばかりの頃は、月3000円稼ぐのが精一杯でしたからね。

 

なので、初めから無理な目標を立てると、テンションダダ下がりになるので、月数千円から1万円を目標にしてください。

 

まずは、月1万から2万を目標に、記事作成に慣れるようにしてください。

数をこなせば、徐々に1時間で処理できるスピードも早くなるので、1日に多くの記事作成が可能になります。

 

また、記事作成のスキルも向上するので、それと同時に単価もアップするでしょう。

すると、1日の5記事から10記事こなせば、軽く月10万の稼ぎはあげられます。

 

■月1万から2万を稼ぐには

 

単価については、クライアントや記事ジャンルによって大きな差があります。

幸い、私の場合、良きクライアントさんに出会っているので、1日の作業量は、3記事から5記事処理できれば、月10万は余裕で稼げます。

 

ただ、未経からスタートする場合、高くても文字単価0.5円がいいところです。

中には、文字単価0.1円という超激安なケースもあるので要注意。

 

単価0.5円の場合、1日5記事処理して、1250円。

1ヶ月20日作業すると、25000円は稼げます。

 

1日の処理時間は、3時間ほどと考えると1時間で、1,6記事ほど処理しなければならず、それでもかなりハードですよ。

しかし、この厳しい期間を経験することで、確実に在宅ライターとしての力がつきますので、へこたれずに、この時期を乗り越えてください。

 

■月10万を稼ぐには

 

ちなみに・・・

私が、月10万を稼げるようになったのは、在宅ライター3年目のことです。

 

3年も経験を重ねると、情報の集め方、記事の構成、その他、あらゆるジャンルに対する知識(広くも浅くですが)豊富になるので、1記事を仕上げるスピードがあがります。

また、経験者は、文字単価が高くなるので、1日の1000文字5記事を毎日確実に処理できれば、20日の作業で、月10万円は稼げます。

 

もし・・・記事作成の能力がもともと高い人ならば

1年といわず、即、クライアントに認められ、記事単価はアップするはずです。

 

そして、1日5記事といわず、10記事以上コンスタントに処理できれば、月20万以上は、確実に稼げるでしょう。

ただし、何度も言いますが、初めから月10万以上稼げるほど、在宅ライターは甘くありません。

 

その理由は

 

・初心者、未経験者は、文字単価が安い!!

・自宅だからこその“誘惑”が多い

・長時間、記事作成は難しい

・作業に集中するまで時間がかかる

 

また、無理に記事を大量に仕上げてしまうと

 

・質の悪い記事になる

・タイプミスが多い

 

という問題が発生し、クライアントから何度も修正依頼がかかったり、場合によっては、継続を打ち切られたりする可能性も十分考えられます。

月10万以上稼げる在宅ライターを目指すなら、在宅ライター1年目は、1記事を丁寧に作成するようにしてください。

 

そのうち、自然と質を保ちつつ、処理スピードもグッと上るので、まずは、焦らず、在宅ライターとしての経験を重ねてください。

とはいっても、これは、私のように小さい頃から国語とか作文とかが苦手で、在宅ライターのなんたるも知らないという、最悪の状況からスタートした例なのでね~。

 

中には、何の経験もなく、初めから在宅ライターのセンスを持っている方もいるので、あくまでも参考にね。

-在宅ライターとお金

Copyright© 在宅ライターまち子の日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.