在宅ライター歴10年を迎える主婦まち子のブログです

在宅ライターまち子の日記

在宅ライターとお金

あなたは今「時間」も「お金」も無駄にしていると思いませんか?

投稿日:

 

稼いだお金を無駄なく

 

・自分のために使いたい

・貯金したい

 

と思いませんか?

その他にも、1日24時間という貴重な時間をできる限り

 

・自分のために使いたい

・効率よく1日を過ごしたい

 

と考えた事はありませんか?

“そんなの無理だよ~”

と、人は、口を揃えて言うかもしれません。

 

しかし、在宅ライターなら不可能ではないんです。

今回は、そんなところを書きます。

 

【その「お金」誰のため?何のため?の消費?】

 

20代から30代後半まで、私会社勤めをしていました。

その時、思ったんです。

“お金の無駄が多いな~”

って。

 

朝8時から夕方6時まで、そして、月曜から土曜日まで働き、時々休日出勤もして、ようやく手にした「お金」なのに、

あっという間に消えちゃって・・・・

 

どうにかこうにか節約して、なんとか、次のお給料日まで持ちこたえるのみで、

貯金なんて、全く出来ない!

 

例えば、

 

・お弁当は、前日のお夕飯の残りを詰めていく

・帰りは、半分歩いてバス代を浮かす

・シャンプーをちょっと薄める

・洋服はバーゲンで!

・ドラックストアの安い化粧品を使う

・スマホをあまり使わない

・時々実家から食糧を拝借する・・・笑

 

とか、そんな感じ。

それでも、毎月のお給料ってあっという間になくなっちゃう!

 

こんなに節約しているのに、どうして?

それは、

会社勤めをしている限り、避けられない色々な事

があるからです。

 

例えば・・・・

■「飲み会代」

部署の飲み会、女子会、打ち上げ、接待、など会社勤めをしていると、どうしても、避けて通れない

“飲み会”

接待といっても、二次会、三次会となれば、実費だし。

午前様になれば、タクシーが必要だし、もう~~ホント、大損!!

全く楽しくない“飲み会”に大事なお金を払うなんて・・・あ~~もったいない!

 

■「プレゼント」

これって、私の会社だけだったのかな?

誕生日プレゼントを渡す、という・・・・ね。

会長、所長、部長に同僚、時々、隣の部署の人にも。

毎月1人、ひどい時は、月に2人いたりして。

これを提案した人、「出てこいや~」って、毎回うらんでいました。

 

■「香典、祝儀」

かつての同僚に、ものすごくおせっかいな人がいて。

月1回のペースで、こんなメールが届きます。

 

「隣の部署のAさんの義母が亡くなりました」

 

って・・・・。

私、隣の部署のAさんとは、挨拶する程度で、まともに話した事もありません。

ましてや、その方の奥様のお母さん・・・って。

 

もちろん、香典とか祝儀というのは「寄付」というか、大変な時期に少しでもお力になれば。

という気持ちだと言う事は理解しています。

でも・・・ちょっとね。

 

ひどい時には、香典・祝儀だけで月3万円を超えている時もありました。

交際費用って本当に大変。

 

■「茶菓子代」

月1000円くらいですかね。

毎月徴収されていました。

コーヒーや麦茶、おせんべいとか飴とかね・・・。

うん・・・別にいいんです。

でも、コーヒーなんてクソまずいし、おせんべいも仕事中には食べない!!

だから、できれば払いたくないな。

 

■「洋服代」

私が過去、勤めた会社は、私服でした。

なので、服代は、ホント大変でした。

 

見栄があるから、同じ服を何度も着ていくわけにはいかないし・・・。

でも、仕事用の服が増えても、プライベートで一切着ないから意味ないし。

 

とまあ、こんな感じで、会社勤めのときは、無駄と思える出費がとても多くて、

お給料は瞬く間に失われていきました。

 

でも、在宅ライターになった途端、私、1円の無駄もないんです。

 

■在宅ライターなら稼いだ「お金」は全部自分だけのもの

 

会社勤めをしていた時よりも私、貯金が増えました。

稼ぎが増えたからではありませんよ。

 

あの時よりも驚くほど

無駄が減った

からです。

 

例えば、先に紹介した

「私が会社勤めをしていた時に感じていたお金の無駄」

が全部なくなった事が一番の理由で

 

・飲み会代

・プレゼント代

・香典、祝儀

・茶菓子代

・洋服代

など、金額してみると、月3万から5万ほどでしょうか。

今は、それをまるまる貯金しています。

 

その他にも

 

■「化粧品代」

在宅ライターになってから、私1日中家にいるので、化粧はほとんどしません。

なので、メイク代が劇的に減った!!

しかも、ファンデーションなどの肌負担も軽減されて、以前よりも肌が綺麗になった気もします。

 

■「交通費」

会社勤めのときは、車やバス、タクシー代など月2万から3万は出費していました。

でも、在宅ライターになってからは外出が激減したので、月1万円程度で、交通費が抑えられています。

 

■「食費」

毎日のお弁当代、ランチ代、おやつ代、帰宅時のコンビニ代、と気づいたら、1日に2000円も食べ物代に消えていた!!

なんて経験ありませんか?

ついつい食べ物にお金をかけちゃうよね。

体重も増えちゃうし。

でも、在宅ライターは、1日中自宅なので、食費が驚くほど節約できます。

その上、食事のバランスも良くなったのか、私、在宅ライターになってかなり痩せました。

 

こんな感じで、会社員勤めの頃に比べ、収入はかなり減りました。

でも、お金の無駄がなくなった分、貯金出来るようになりました。

 

こうして改めて、思い出してみると「お金」って知らない間に無駄に使っているんですね。

 

【「時間」上手に使っている?無駄はない?】

 

会社で仕事をしている時、こんな風に思ったことありませんか?

 

「お天気がいいから、今のうちにお洗濯したいな・・・」

「夜、雨が降るかも知れない、だから午前中で、犬の散歩しておきたいな」

「子供の三者面談、10分だけなんだけどな~」

「タイムセール、行きたいな~」

 

でも、もちろん、そんな理由で、会社を休めるわけもなく、

休めたとしても、用事は、わずか10分とか1時間程度。

そんなことのために貴重な有給を消化するなんて、もったいないし・・・

何度も休むと上司ににらまれるし・・・。

 

でも、在宅ライターならね、1日の時間を無駄なく使うことが出来ます。

例えばね

 

■「お天気に合わせて動ける!」

 

1日中、家に居るから、お天気に合わせて動けます。

例えば、夕方から雨、という予報だったら?

 

会社勤めの場合、お洗濯物を朝干して、出かけると「雨」という予報の時間に帰宅できるという保証はないでしょ!

すると、せっかくのお洗濯物が、雨でぬれちゃって、無駄足に。

 

でも、在宅ライターなら、お天気予報に合わせて、動けるから、私、どんな予報でもお洗濯がスムーズなんです!

 

■「あれもしながらこれもできる」

 

在宅ライターは、家で、PCに向かってお仕事をしています。

だからね、キッチンで火を使いながら、洗濯機を回しながら、宅配の訪問を待ちながら、と、一度に色々な事ができます。

 

もしこれが、会社勤めだったら?

一旦、家に戻らないと何にもできない!よね。

 

■「タイムセールを見逃さない」

主婦なら、これ大事だよね。

タイムセール!!

朝の1時間だったり、水曜日のみだったりとか、いつもよりも格段に安く食材を購入できるのが嬉しい!

 

でも、私、会社勤めのとき、帰りは毎日7時ごろだったので、タイムセールはおろか、毎日買い物ラッシュ時間帯にしかスーパーにいけず・・・。

お買い物だけで、1時間ほど無駄に時間を過ごすハメに。

 

しかし今は違います。

仕事の中断も、進み具合も、全部自分で調整できるので、朝のタイムセールにもしっかり参加しています。

 

また、買い物ラッシュ時間帯を避けてスーパーにいけるので、お買い物もスムーズ!

その上、仕事もそつなくこなせて、時間に全く無駄がありません。

 

■1週間のスケジュールも調整可能!!

 

在宅ライターは、全てが自己管理。

なので、1ヶ月のスケジュールを自由自在に調整できます。

 

例えば、「来週は、何かと忙しいから、在宅ライターのお仕事ができそうもないな」と思ったら、

今週は、いつもよりも多めに仕事をこなし、納品を早めたりすることで、自由な時間が作れます。

 

私の場合、突然夫から「週末2泊3日で外出するから週末時間開けといて」とか言われちゃうから、週の前半に仕事をギュウギュウにつめることも。

在宅ライターって、こんな風に、時間を自分次第でいくらでも、調整できるのが魅力。

 

無駄がないというか、時間をね、効率よく使えます。

でも、会社勤めならそうもいかないでしょ!

 

「私、夫と週末2泊3日で出かけるので、お仕事前半頑張ります!」

なんて事、通用しないよね。

 

【ただ毎日をダラダラと過ごしてはダメ?今以上に責任ある毎日を!】

 

以上のように、在宅ライターなら、「時間」も「お金」も無駄にすることはありません。

ただし、一つだけ注意があります。

 

それは、自己管理を徹底すること。

会社に勤めていると、ただ時間に流されているという感覚がありませんか?

 

出勤さえすれば、後は、就業の時間がくるのみ・・・とかね。

でも、在宅ライターは、やった分だけ報酬が発生するので、怠けた分、収入は減ります。

 

しかもノルマも納期もないのがほとんどなので、1ヶ月いくら稼ぎたい、1日最低どれくらいは仕事をこなそう!という

自分なりの目標を定め、しっかり時間を管理し、行動しなければ、ダメ!

 

それがすごく難しい!

だって、一番リラックスできる空間「家」にいるのですから、寝ても、テレビを見て、お菓子を食っても、遊んでもだれにも怒られないし、本当に自由です。

自由という誘惑との戦いが本当に大変。

 

時々、気づけば2、3時間寝てしまっている時もあるしね・・・。

でも、私そんな時は、無駄にした2、3時間を夜に取り戻すこともあるよ!

 

逆に、今日は働きすぎた~という時は、翌日たっぷり休むとかね。

こんな風に自己管理を徹底的にすることで、時間を自由に、そして、効率よく使うことが出来ます。

 

これが在宅ライターの魅力であって、一番難しい事かもしれない!

-在宅ライターとお金

Copyright© 在宅ライターまち子の日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.